PERSON 社員紹介
役員からのメッセージ

森 朝彦

「企業は人なり」
企業の財産づくりを
提案しています。

取締役本部長 森 朝彦

受注型から提案型へ。
フィールドは拡がっています。

華やかな商品広告の陰に隠れて、人材募集、求人広告という仕事は地味な印象が確かにあります。
しかしながら人を雇うということは、その会社の社業を左右すると言っても決して大げさではないことであり、また同時にWEB求人や一枚の新聞折り込みチラシを手に取る人々にとっては、今日、明日が変わるかもしれない大きなお知らせです。
今後、情報通信産業の拡大により、時代はおそらく我々の想像を超えるスピードで変化していくことでしょう。
しかし、その技術革新にも人が携わります。
あらゆる企業を動かしていくのは『人』に他ならないということの大切さは変わりません。

アイデム四国は、この"企業は人なり"を念頭に置いて数多くの企業との取引を行ってまいりましたが、いくつかの時代の波を数えた現在、私たちはひとつの必然にぶつかりました。それは、『提案』です。

企業の求める人材を得られるようにと媒体のスペースをただ提供していればよい時代は過ぎ去って、顧客の業務形態を充分に把握し、時流を読んだうえで、その企業にとって必要な人材と入社後の育成までを含めてこちらから提案する必要に迫られました。
いわば、私たちは企業にとっての外部の人事部なわけです。
そんな私たちが業務を遂行するためのキーワードはただひとつ。『信頼』です。
企業とアイデム四国の信頼関係があって成り立ちます。

こだわり、
これしかないのです。

アイデム四国がいつも元気一杯で力満ち溢れる集団であるためには、新鮮な血潮の注入が必要なのはいうまでもありません。
積極的で、対応力があって、チャレンジ精神旺盛で、とはどの企業も欲する人物像ですが、それらの根本を成すものは何か。
また、社会に出てから属する企業にプラスになることは基より、個人にとっても有意義な毎日を送れる要素は何であろうか。
これ結局のところ、『こだわり』だと私は考えます。

こだわりとは納得。自己完結でもいい、小さなことでもいい。
自分自身を誤魔化すことなく、物事に対峙して欲しいなと思います。
そして、こだわりは感じることから生じます。
感じれば考える、考えれば考えるほど捕らわれる(もちろんいい意味で)、すると答えが欲しくなる、答えを求める、その意志が『こだわり』です。
ですから、スポーツでも勉学でも恋愛でも、何でもいい。
これだけはやった、誰にも負けない自信がある、と胸を張って言える人に私は逢いたいと思っています。

時代の変化はますます速度を増すでしょう。それに合わせて情報の量も増えます。
情報洪水の中で惑わされず、質を見極め、正しさを選択できるのは、強い眼差しです。
それは、何かと真正面から向かい合わなければ得ることのできないものだと私は考えています。